買うなら新築と中古はどっちがトク

家の購入での悩みの種

住宅購入での悩みのひとつは、新築か中古のどちらを選ぶかです。
一般的には、住宅購入では新築を選ぶ人が多いでしょう。
新築は真新しいですから、気持ちが良くなります。
中古の物件だと、以前の所有者が気になりますが、新築なら余計な心配をする必要もありません。
しかし、中古物件には、新築の物件にはないメリットがあります。
中古物件の大きなメリットは、なんといっても価格が安いということでしょう。
広さや立地条件が同じなら、新築物件よりも必ず安くなります。
住宅購入では、予算についても悩みの種のひとつですから、中古物件ならこの問題も解決することができます。
中古物件を選んで予算に余裕ができたなら、他の部分に回すこともできるでしょう。
住宅購入で金銭的な余裕が着るのは、中古物件ならではのメリットです。
それに対して新築物件を選ぶメリットは、とにかく新しいことです。
建物の外観や内装だけではなく、住宅設備も最新式が導入されています。
特に新築マンションの場合は、住宅設備だけではなく、セキュリティシステムも最新式です。
中古マンションにはない設備も設置されているので、安心して生活することができます。
また、新築物件が中古物件よりも優れている最大の箇所は、建物の寿命が長いことです。
中古物件の場合は、住宅購入をして数年もすれば、補修や建て替えを考えなければいけないこともあります。

しかし、新築物件の場合だと、今後数十年間は建て替えを考える必要はありません。
住宅購入をしてすぐに補修や立て替えをするとなると、新築物件より低価格だった意味がありません。
中古物件の大きなメリットを、消してしまうことになるのです。
最近の住宅は、以前に比べて耐用年数も長くなっています。
住宅設備については、中古物件でも最新式にすることは可能です。
しかし、建物の寿命が短いことだけは、どうすることもできません。
新築か中古かの悩みは、住宅購入後に暮らす年数にもかかわってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ