買うなら新築と中古はどっちがトク

住宅に求めること

住宅購入の際に、住宅に求めることによって、新築か中古か変わってきます。
新しさが求めることならば、住宅購入は新築です。
新築は、なんといっても新しいことが最大の強味です。
室内の内装は全て新しく、汚れやシミはひとつもありません。
外壁も新しいですから、キレイで輝いて見えるほどです。
新築マンションの場合なら、廊下やエントランスなどの共用部分も新しく、通るたびに気持ちが良くなるでしょう。
新しいのは、内装や外壁などだけではありません。
住宅設備も、新しい設備が備え付けられています。
新しい住宅設備であるほど、生活には便利です。
また、マンションなどの防犯設備も、新築なら最新式です。
不審者が敷地内に侵入しないように、常に警戒をしているので、安心して生活することができます。
新築だと、補修の心配は当分ありませんから、その面でも安心して生活できます。
安心と余裕が求めることならば、住宅購入は中古が良いでしょう。
住宅購入で中古にすると、実際の建物を見学してから購入を決められます。
建築途中の物件を住宅購入することもある新築なら、完成後に不満が残ることもあります。
しかし、実際の建物をみてから住宅購入できる中古なら、購入後に不満に感じられることはないでしょう。

室内の内装に問題があっても、リフォームをすることでキレイにすることはできます。
日当たりや騒音などの住環境、マンションなら共用部分の管理状況など、購入後の生活もイメージしやすくなります。
中古の物件は、低価格であることが強味です。
そのため、住宅購入に必要な予算を、抑えることができます。
無理な予算を組んでまで新築を購入すると、暮らし始めてからの生活にも余裕がでません。
しかし、金銭的な負担を軽くしてから住宅購入をすると、暮らし始めてからの生活にも余裕ができます。
住宅ローンの返済を楽にして、今後もゆとりを持って生活するのが求めることなら、新築より中古のほうが良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ