買うなら新築と中古はどっちがトク

購入できる選択肢を増やすのも

住宅購入で選択肢を広げるためには、予算がカギになります。
潤沢に予算を用意できれば、住宅購入したい場所に、理想の間取りの住宅を購入できます。
間取りだけではなく、広さや設備、建築工法、デザインなど、妥協するポイントになるでしょう。
しかし、住宅購入をするときに、潤沢に予算を用意できる人はほとんどいません。
限りある予算のなかから、妥協できるところは妥協して、住宅購入しているのです。
予算に限りがあるなら、新築物件か中古物件かで悩みます。
ほとんどの人は新築物件を選びたくなりますが、中古物件を選ぶと、限られた予算でも選択肢は広がります。
たとえば、立地の条件についてです。
利便性の高い場所は、空いている土地も少なく、新築物件の値段も高めです。
しかし、中古物件なら、新築物件より低価格で住宅購入できます。
また、空いている土地が少ないと、新築物件の数も限られてしまいます。
数に限りがあると、その分理想の住宅に出会える確率も低くなるでしょう。
しかし、中古物件を視野に入れて探すと、物件の数は多くなり、理想の住宅に出会える確率が高くなるのです。
このことは、利便性の高い場所に限ったことではありません。
郊外に住宅購入する場合でも、中古物件だと選択肢は大きく広がります。
しかも、理想の住宅に出会える確率は高いのに、新築物件より低価格なのも良いところといえるでしょう。

立地の条件以外にも、仕入れることができる情報量も増えます。
新築物件の場合だと、当然のことですが、その物件に住んだことがある人に話を聞くことはできません。
また新築だと、完成していない物件を購入しなければいけないこともあります。
物件が完成していないと、日当たりや風通し、騒音など、住んでみなければわかりません。
ほかにも、完成した物件に問題ないかといったことも、新築だとわかりません。
しかし、住宅購入で中古物件を選ぶと、これらのことを確認してから購入することができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ