買うなら新築と中古はどっちがトク

新築・中古の良さを知る

新築での住宅購入は高額な資金を必要とすることから中古物件を選択する人が増えていますが、経済的な面だけはありませんので良さを理解してから購入する必要があります。新築住宅のメリットは誰も住んでいない新しい状態で入居できる点にあります。綺麗な状態だけではなく、購入後の寿命が長いため長く住むことが可能ですから、将来の建替えが計画的に行えるメリットがあります。分譲だけではなく自由設計で住宅購入をすれば希望通りのデザインや間取りプランを実現できますし、家族構成や生活環境に合わせた住まいを作ることが可能です。一方で中古住宅のメリットは低価格で購入できる点があります。新築からの経過年数によっては住宅購入後に住める年数に限界がありますが、ローンによって購入しても経済的な負担が少ない分住み替えが楽にできる点も良さとなります。最近ではリノベーションやスケルトンリフォームによって自由に作り変えることができますし、改修工事を行っても新しい物件を購入するよりも経済的に済む点も魅力と言えます。中古物件の最大の良さは、立地条件を選べる点にあります。新築では分譲地に立てられた物件を購入することが多くなりますが、中古物件は比較的中心部に近いなど、立地条件の割には建物が古いために安く購入することが可能です。建物が古ければ将来的には建て替えをすればいい訳ですから、立地条件の良い地価の高い物件を安く購入できるメリットがあるのです。住宅購入では様々なメリットがありますが、全てに共通している部分は物件の価値を見極める点にあります。購入費用に物件の価値がみあっていることが重要ですから、現時点ではなく将来的な展望を含めたコストパフォーマンスの良さで選ぶ必要があります。もちろん古い新しいに関係なく立地条件や周辺環境なども重要ですから、日頃から物件情報には敏感になる必要があります。都市部では特に魅力的な物件は売れるのが早いですから、リアルタイムで情報を得ることが大切なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ